「ほっ」と。キャンペーン
<   2015年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
ペット斎場のこと
b0062090_13251537.jpg

ハルちゃん Forever!!

なかなかペット斎場の記事を書かれる方が少ないので、もしもの事があった時の為の参考になればと、ハルタに経験させてもらった初めてのペット斎場について書かせてもらおうと思います。
これは我が家の場合のお話しなので火葬を推奨するものでも、プランター葬を否定するものでもありません。
ひとつの選択肢だと思ってお読み下さると嬉しいです。

----------------------------------------------------------------------------------------

ミチル達をお迎えした当初から、この子たちにもしもの事があったら斎場で火葬にしようと考えていました。
ですが4年半前に優羽が旅立った時は、火葬に踏み切れずより迷った結果、プランター埋葬にしました。

そして今回のハルタ。
遺体をどうしようか考えた時、火葬にしようとすんなり決断できました。
斎場探しでは格安の市営ペット用火葬場もあったのですが(1万円位)、なんとなく違うなぁ…と思い、口コミサイトなども参考にして価格も納得出来た「せたがやペット斎場」に決めました。

私が話せる状態ではなかったので、午前10時頃に主人が電話で当日の一番遅い時間での予約をお願いすると、19時と20時が空いているとのことでした。
19時に予約を入れました。
主人曰く、電話の対応はとても良心的だったそうです。
家を出るまで7時間以上あったので自宅でゆっくりお別れをしました。

斎場へは小さくて綺麗なお菓子の箱に、粟穂と大好きなオーツ麦などを入れて、その上にハルちゃんを寝かせて出掛けました。
途中でお花を買って斎場でハルちゃんの回りに飾りました。

せたがやペット斎場」は駒沢大学駅から徒歩10分弱の閑静な住宅街の中、感応寺境内にありました。
受付が良くわからず電話で到着した旨を伝えると担当の方が待合室まで案内して下さり、先にお別れされいるペットちゃんがいらっしゃるそうで(猫ちゃんですって)、時間になったら声を掛けて下さるとのこと。

待っている間に買ってきたお花をハルちゃんの周りに飾って、翌日に予約していたハルちゃんの病院の予約を取り消す為に病院へ電話をしました。
受付でハルタが亡くなった旨を伝え予約をキャンセルして欲しいとお願いした所、担当の先生に取り次いで下さり、先生にはとてもお世話になりましたと沢山感謝を伝えました。
先生は大変残念がってお力になれなくて…と言って下さいましたが、私の我儘やハルちゃんに優しく献身的に治療に取り組んで下さったので、私とハルちゃんにはとても心強い味方でした。

電話を切った後、予約時間になった19時頃に担当者が迎えに来てくれ、斎場へと案内されました。
斎場は人間の斎場を小さくした感じでほぼイメージは同じでした。
担当者の説明も人間同様かそれ以上のきめ細かい説明と飼い主への配慮が感じられました。
セキセイインコは極小動物扱いになるそうです。
燃えない素材の白い脱脂綿のような素材の上にハルタだけを乗せます。
ご飯やお花などは脱脂綿のような素材の周りに並べるよう指示されました。
極小動物の場合、残る遺骨も小さく少ないので、ご飯やお花などを遺体の周りに置くと、燃えた灰が遺骨を覆ってしまって、遺骨が取り難くなってしまうそうです。
私は箱のまま燃やすものとばかり思っていたので、
「ハルちゃん、出たり入ったりごめんね~」と笑いながらハルちゃんを箱から出して、白い生地の上に寝かせて、周りには「沢山食べるんだよー」とご飯を並べて、その上にお花を飾りました。
もし次来ることがあれば(ずっと先を希望しますが)ご飯は別袋でお花と遺体だけ箱に入れて行こうかと思います。
準備が整うと担当者は部屋を出て、最期のお別れの時間を設けて下さります。
納得したお別れが済んだら外で待機している担当者に声を掛け、火葬に入ります。
扉が閉まる瞬間、やっぱりもう一度!とハルちゃんを撫でさせてもらいました。
主人も撫でて、白いふわふわの可愛い現世のハルちゃんの姿とお別れしました。


火葬の時間は実際30分もないようです。
経験豊富な斎場だとは分かっていましたが、私も
「本当に小さくて23gしかありません」と念を押してしまいました。
火葬中は待合室に案内されて、実際遺骨が冷える時間も含めて30分くらいの待ち時間でした。

遺骨は本当に小さくて細かったです。
それでも私の印象としてはシード食のハルちゃんにしては綺麗にしっかり骨が残ってる!と驚きました。
「これが爪ですね」など人間のように骨の部分の説明もして下さりました。
痩せてしまってゴツゴツしていた竜骨も綺麗に残っていました。
驚いたのは頭がい骨が綺麗にまるっと残っていたことです。
こんなに綺麗に残るのは珍しいと言ってもらい、うっすら細かいひびの入った頭がい骨を最後にそっと骨壺に入れました。
遺骨は人間の時と同じようにお箸で二人一緒に掴むのですが、流石に細すぎる骨なので最初だけ一緒に拾って骨壺に入れた後は、それぞれ一人づつ入れていきました。
骨壺は極小動物用に小さいサイズではありますが、ハルちゃんはその骨壺でさせも大きすぎるくらいで1/3程度でした。
ある程度箸で掴める骨を拾った後、細かい破片に関しては担当者がブラシで丁寧に残らず骨壺に納めて下さいました。
骨壺袋は金と銀の2色あり、ハルちゃんイメージの銀色に入れてもらいました。

最後に会計。
私たちは個別火葬で遺骨を自分たちで拾い、遺骨は持ち帰りました。
骨壺など全てプランに含まれていて18,360円でした。
落ち着いた頃にWEBもしくは郵送で画像登録をするとサービスでメモリアルフォトを作って下さるそうです。(プラン料金内のサービスなので無料)

これで斎場での流れは終わりです。
「お世話になりました」とお礼して、兄たん姉たんが待つ我が家にハルちゃんと帰りました。

b0062090_14221483.jpg

きりりハルちゃん

斎場は猫の里親探しをしていて、野良猫保護をされていました。
丁度ご飯の時間でスーツ姿の男性職員が境内でご飯をあげていたのですが、猫ちゃん全員笑っちゃうくらいに、まるっまるっのふっくふっくに肥えておりました(笑)

今、ハルちゃんの遺骨お花と一緒にハルちゃんのケージに入っています。
優羽の時に簡単な祭壇しか作っていなかったので、ハルちゃんの四十九日までにこれからのことも考えてちゃんとした祭壇を作ってあげようと思います。

b0062090_1419305.jpg

ここにご飯とお水もお供えしています。

それから「せたがやペット斎場」では春と秋に「動物供養祭」が行われるそうで、ちょうど来月29日に「春の動物供養祭」が行われるとのこと。
ハルちゃんの四十九日が4月3日なので動物供養祭でお経をあげてもらってこようと思います。
3000円で塔婆にペットの名前を書いて法要中に読み上げて下さるそうです。

b0062090_1423278.jpg

姉たんはしつこい…

今回ハルちゃんの遺骨を持ち帰りましたが、後々納骨することは可能なので(別途納骨料金がかかります)、悲しみで落ち込んでいる時に慌て決断を迫られないのが助かります。

ハルちゃんの遺骨を見て納得したことと、初七日を終えたこともあり、私自身だいぶ落ち着いてきました。
勿論、ケージを片付けて方がもっと気持ちの整理が付くのを分かっていながら、ケージはそのままなので、ケージに「ハルちゃーん」と話かけては主がい無い事に淋しく悲しくなりますが、号泣したりすることはなくなりました。
亡くなった時の状況も違いますが優羽の時はしばらく立ち直れませんでした。

優羽の後もこれからも十姉妹はプレンター葬ですし、もしかしたらインコズの中でプランター葬になる子もいるかもしれません。
ただ今の心境としてはこれからも「せたがやペット斎場」にお世話になろうかなと考えています。

b0062090_14241128.jpg

b0062090_14245324.jpg

ハルちゃんが逝ってから急にチャッピーとミチルがカゴで遊んでいます。

少しでも皆様の今後の参考になれば…と思いますが、できれば皆様の小鳥さん、ペットさんはこんな記事を読んだ事を忘れるくらい、まだまだ長生きして欲しいです。

b0062090_14264089.jpg


お花とご飯に囲まれたハルちゃん※亡骸ですので閲覧注意です
by kirituma0518 | 2015-02-23 14:57 | ハルタ(ジャンボセキセイ)
Valentine day
いつものことながら大変ご無沙汰しております。
私も小鳥たちも元気です!!

b0062090_1254137.jpg


……と、いつものご挨拶をしたかったのですが、残念ながら2月14日(13日の晩)にハルタこと白いジャンボセキセイのハルちゃんが旅立ってしまいました。
昨年8月に体調を崩してから半年間一進一退を繰り返しながら頑張ってくれましたが、とても残念な結果となってしまいました。

b0062090_12555129.jpg

大好きなお気に入りの1枚

体重は昨年秋ごろから29g~30gを行ったり来たり。
保温は日中35~36度くらい、就寝時40度でしたが、暑がるどころかヒーターの上の止まり木にいました。
オーツが主食でオーツだったらもりもり沢山食べてくれました。
先生にもオーツは消化に優しいから胃に負担もかけないので沢山食べさせて下さいと言われていました。
一時粟穂も食べてくれる時もありましたが、ほとんど未消化便として出てしまっていました。
未消化になってしまう原因に吐き気止めの薬の効果があったので、吐き気が落ち落ち着いている時は吐き気止めは止めてみるのはどうだろうかと、先生に相談して、吐き気止めはとんぷく薬として分けて貰えるように先生に無理を言って処方してもっていました。

b0062090_12595094.jpg

b0062090_1315178.jpg

水浴びの大好きでした。

12月中旬頃までは吐き気も治まっていて穏やかに過ごしていたのですが、年末には換羽が来てしまいとてもしんどそうでした。
吐き気止めを飲ませたりと保温を上げたりして、なんとか無事年越しと換羽を乗り越えてくれました。
1月は私が旅行に行ったりもしましたが、ハルちゃんは元気に迎えてくれましたし、亡くなる前の週に私が実家に帰省していた時も、留守番の主人がお水替えしてくれる時に脱走をもくろんだりしていたそうです。
(12月には脱走されて半日放鳥していたとか。心配なので室内の暖房ガンガンに)

b0062090_134245.jpg

b0062090_1342677.jpg


亡くなる10日程前は体重は増えないものの、とても元気があって毎晩みんなが寝た後に数分放鳥すると、いつもは飛んでも緩やかに下降してしまうのですが、しっかり上昇して遊び場から遊び場へ飛んでいました。
得意のキャットボールをポイポイ投げるのも披露してくれたりと、体調は万全ではないながらも気力は驚くくらいありました。
このまま100%元気にならないものの、穏やかにのんびり暮らしてくれるのかな……と思っていた矢先でした。

b0062090_1342353.jpg

2011年365インコカレンダーの表紙も飾りました!!

木曜の晩辺りから少ししんどそうな素振りを見せて始めました。
日曜に病院の予約を入れてしましたが、土曜に変更してもらおうかな…と考えていた金曜の晩、飲み会をキャンセルして早めに帰宅するとハルちゃんはケージの下にうずくまっていました。
直ぐにプラケースに移したのですが、14日の1~4時の間に旅立ってしまいました。

b0062090_1362445.jpg

お見舞いありがとうね…ってオーツ狙い?!

私は金曜の晩はたいてい明け方近く、早くても2時くらいまでは起きているのですが、なぜかその日はやたらと眠くて眠くて、我慢できず1時頃に寝てしまいました。
その日は主人が飲み会で帰りが遅かったのですが、いつもなら寝ていても帰宅に気付くのですが、その日は4時過ぎに目覚めるまで全く帰宅に気付きませんでした。
ちょこちょこ私に覗かれるのがイヤだったのですかね?
もしかしたらハルちゃんは私が寝ている間に旅立ちたかったのかもしれません。

b0062090_138378.jpg


この半年の間、他の小鳥たちが寝た後にハルちゃんをケージから出して、私の掌でご飯を食べるのが毎日の日課でした。
ハルちゃんもそれを分かっているようで、みんなが寝ると「早く!早く!」と扉の前で張り付いて待っていました。
残業で帰りが遅い日も欠かすことのない日課で、時々私がハルちゃんにご飯を食べさせながらうたた寝をしているとギャッギャッと「ボク落ちそう!危ないなぁ」と叱られたりしました(笑)
この半年の間、毎晩二人きりで過ごしていたので(主人は直ぐ寝ちゃうので(笑))、今ハルちゃんがいない生活がとても淋しいです。

b0062090_1383886.jpg

b0062090_1398100.jpg

b0062090_1392693.jpg

b0062090_13101513.jpg

b0062090_13103032.jpg

b0062090_13104117.jpg

小鳥さんが大好きなハルちゃんでした。
特にミチル兄たんが大好きでした。


ハルちゃんは真っ白でふわふわで芳しい良いインコ臭がして、おこりんぼさんでしたがとても可愛い子でした。
人見知りだけど小鳥さんが大好きで特にミチルが大好きで、ミチルがケージに入っている時にハルちゃんを出すといつもミチルのケージにべったり張り付いていました。
いつも私の肩に載って私の髪をパリパリポリポリと齧っていて「くすぐったりよ~」と笑っているとギャッギャッと「じっとしてて!」と叱られていました。
体重が減って力が出ないのでなかなか飛ぶことはできませんでしたが、私の手から肩までを走りながら羽ばたいて、飛んでいる気持ちになっていたのかな?
我が家で唯一大人になってもオモチャで遊んでくれる子で、プラスチックのキャットボールやチェーンなどで遊ぶ可愛い姿を見せてくれていました。

b0062090_13115763.jpg

b0062090_1312832.jpg

遊び上手なハルちゃん

お迎えしてから4年6ケ月21日(誕生日からは4年8ケ月24日)
もっと長く一緒に居たと思っていたのですが、短かったです。
でも長く感じたということは濃い4年を過ごしたのかもしれません。

b0062090_1313104.jpg


明け方に亡骸を私の枕に乗せて添い寝しながら沢山お話ししました。
楽しかったことや通院頑張ったことなど。
主人には明日にすれば?と言われたのですが、その日の夜19時にペット斎場に予約を入れました。
ハルちゃんは火葬しました。
遺骨は自分たちで拾い、持ち帰りました。
とても良い斎場で、こちらのお話はまた後日に。
多分今後もこちらでお世話になろうかと思っています。

b0062090_13142335.jpg


初七日を迎え、ハルちゃんは痛みや苦しみから解放されて安らかなんだと、自分に言い聞かせながらも、沢山の後悔や喪失感に襲われます。
ああすれば良かったこうすれば良かったと思い返しては、涙が出てしまいますがハルちゃんが心配するのでハルちゃんの遺骨の前では出来るだけ明るく話しかけています。

b0062090_13263730.jpg


我が家には元気な兄たん姉たんが沢山いるので、多分1羽飼いの方に比べて喪失感はそれほどでもないと思うのですが、やはりハルちゃんの変わりは誰にもできませんし、インコズそれぞれにハルちゃんとの思い出があるので、それを思い出しては笑い泣きしてしまいます。

ハルちゃんを荼毘に付した夜、インコズを寝かした後、リビングのケージを掃除していたら、バサバサと羽ばたきが聞こえて、また誰かの就寝ケージの扉を閉め忘れてしまったのかと、見渡したのですが誰もいませんでした。
主人は「ハルちゃんじゃないの?」と言いましたが、ハルちゃんの羽ばたきはもっと派手な羽音を立てるので「違うよ~」と笑っていたのですが、もしかしたらハルちゃんは今ではすっかり綺麗な羽になって派手な羽音で頑張らなくても簡単に飛べるのかも?
きっと最後にお部屋を自由に飛び回っていたのかな?

b0062090_1352517.jpg

実家の京都にも挨拶に行ってきてね!

ハルちゃんは実は結構人気があって、こちらでもファンと言って下さる方が沢山いらっしゃいました。
なので今回残念なお知らせを伝えなければならないこと、大変申し訳なくて、悔しいです。
生前ハルちゃんを可愛がって下さった皆様には沢山の感謝を。
本当に本当にありがとうございます。
白くてふわふわのハルちゃんが天国で楽しく過ごせますようお祈りいただけたら幸いです。

b0062090_13343523.jpg

♪ハルちゃん、ハルちゃん、カワイ子ちゃん♪
大好きハルちゃん!また逢おうね!!


そうそう、お伝えし忘れていましたが、昨年12月に発売された「小鳥と暮らす」(洋泉社)というムック本に、我が家の小鳥たちが掲載されております。
お恥ずかしながらワタシク顔出し(というか晒し?)しています。
その私の肩にハルちゃんがちゃっかりカメラ目線で写っております♪
この辺りの撮影秘話もいつかお話ししたいです。

b0062090_1341129.jpg

ハルちゃん沢山の笑顔と幸せをありがとうね!
ずっとずっと大好きだよ!

by kirituma0518 | 2015-02-20 13:59 | ハルタ(ジャンボセキセイ)