「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:優羽(病院)( 1 )
お迎え健診に行ってきました
京都組3羽で健康診断に行ってきました。

先生には「ジャンボさんとマメルリハ。また難しい鳥をお迎えしましたねぇ」と言われちゃいました(笑)

先ずはマメルリハ、ノーマル・グリーン優羽から。

b0062090_211049.jpg


私が心配していた小柄で痩せていることについてですが、病院での体重は25gで、先生に触診してもらったところ、肉付きも良く確かにかなり小柄だけれど痩せ過ぎといったことはないそうです。
多分小柄な子なんでしょうと。
そ嚢検査では雑菌もなく菌のバランスがとても良いと褒めてもらいました(^^
それから元親さんも心配していた嘴の赤みは先生も気になるそうで、強肝剤を処方されました。

糞便検査ではAGYは検出されませんでした。
ただ、今回元親さんの所でAGY陽性のマメルリハ雛が出たことで、元親さんの元で投薬を受けていたこともあり、元々居なかったのか居たけれど投薬で消えているのか判断が難しいのですね。
もし居たのなら最低1ケ月は投薬しなくてはいけません。
先生と悩んだ結果、とりあえず1,2週間投薬してみることになりました。
優羽は元親さんに投薬されていた時にまだ小さかったせいか、食欲が落ちてしまって投薬を一時中断していた経緯がありました。
今回の投薬でも食欲が落ちないか注意しないといけません。
こちらの病院は飲み水に溶かす自由飲水です。
利点は人間と鳥さんのストレス軽減と、数種類の薬を混ぜることが出来ます。
欠点としては中にはお薬が入ったことで水を飲まなくなってしまう個体がいて脱水症状を起こして体調を崩してしまうことがあるので、ちゃんとお薬水を飲んでいるのか観察しないといけません。
ひなたが投薬の時、お水を飲んでくれなくて一時だけ直接投薬になったのですが、これが原因で手乗り崩れになってしまいました。
幸いにして帰宅してからもお薬水を嫌な顔をしつつもゴクゴク飲んでくれて安心しました。


そして、クリッピングのこと。
「私に慣れてくれないのと、天井付近まで飛んでしまって危ないので雛換羽までクリッピングしておきたい」
と相談したところ、
「いいですよ、どのくらい切りますか?がっつり切っちゃいます?それともほどほどですか?」
まるで美容院のような返事に笑っちゃいそうになりました(^^;;
「急に飛べなくなってしまうのは可愛そうなのでほどほどで…」
「そうですね、じゃ4、5切りましょうか」
と風切羽を2cm程5枚くらいカットしてもらいました。
「本人は飛べると思って飛べないと危ないので注意して下さいね」
と注意を受けて
「はい。……切った羽根もらますか?」
そうお願いして看護士さんが小袋に羽根を入れてくださいました(笑)
b0062090_2115763.jpg

右が優羽、左が七海

先生が尾羽を見た時に「あら~、この子随分と苦労しているのねぇ」とストレスラインを見て苦笑。
セキセイでも雛の時はストレスラインがほとんど入っていますからねぇ。
ミチひなも尾羽と風切羽にストレスラインしっかり入っていましたしね。
雛換羽の時に綺麗な羽が生えてくるように私が頑張らないとですね!

b0062090_2131960.jpg

------------------------------------------
《治療費内訳》※優羽のみ

初診料 → ¥1,575
糞便・そ嚢・尿 → ¥1,050
内服薬(12点@¥126) → ¥1,512
合計 → ¥4,137
3羽合計 →¥12,411
------------------------------------------

次はマメルリハ、ブルー七海の記事です。
by kirituma0518 | 2010-07-28 23:10 | 優羽(病院)